新スキル刃鱗磨きの可能性について!

新スキル刃鱗磨きの可能性について!

新スキル刃鱗磨き

刃鱗磨きの特殊効果とは?

新スキル刃鱗磨きの可能性について!
抜刀中の回避行動により、特殊効果を受けることが出来ます。この特殊効果は切れ味が回復するものです。刃の様な防具を研磨剤とする事で、回避行動と共に武器を研磨するというイメージですね!
今までのレギオス武器と同じ効果です!

レギオス武器とは

セルレギオスの刃が生まれ変わるという性質を利用したもので抜刀中に回避をすることで切れ味が回復するギミックがあります。

刃鱗磨きの運用方法

攻撃速度が遅い武器と刃鱗磨きの組み合わせ

攻撃速度が遅いため回避行動で切れ味ゲージを維持することができます。
エリアル大剣であれば空中で溜め3攻撃を打つ機会が増えて溜めなしで斬る回数が減るので回避行動の回数が少なくても維持しやすいですね。

ネセト防具の空きスロット3を2つで発動

スキル発動が+10で済むので匠の+15で発動する切れ味+2よりもスロットが軽く済んでしまいます。
そのためレギオスX防具ではなくともネセト防具一式を装備した上で手と足に装飾品の刃鱗珠【3】を1つずつ付けることでスキル加点+2と合わさり刃鱗磨きが発動しますね。

2頭モンスター相手でも砥石なし

【特殊依頼】二つ名モンスターが2頭でるクエストがありますがなんと切れ味+2がなくても刃鱗磨きがあれば砥石なしのエリアル大剣で切れ味ゲージを紫まで維持することが出来ます。
砥石を使用しているタイミングに被弾したり、チャンスを逃すこともなくなるのでまさに大剣には欲しいスキルだと考えられますね。

エリアル大剣でスキルを迷ってる方は刃鱗磨きをスキル発動に加えるのも考えてみてはいかがでしょうか?
大剣ではなくても切れ味ゲージが素で紫の攻撃速度が遅い武器であればレギオス武器でなくとも刃鱗磨きが発動できるのは強いですね。

コメントを残す